シングルマザーになる方・なった方へ

シングルマザーになる方・なった方へ - 幸せな母子家庭のために

シングルマザーで息子と暮す私が、離婚前後の財産、親権、養育費、慰謝料、児童扶養手当など自治体の公的扶助、仕事などの注意点を、シングルマザーが金銭面でも精神面でも不利とならない、幸せな母子家庭を築くアドバイスをお伝えします。

これからシングルマザーになる方・すでにシングルマザーになった方へ

 

これからシングルマザーになる方は、離婚や別居の前にしておくべき大切な準備があります。既にシングルマザーなった方も、今後の母子家庭生活のためにすべきことがあります。

 

シングルマザーとなって15年以上で、法律事務所に勤務しながら息子を育てている私が、法規を知らず手続をせずに金銭面でも精神面でも不利とならないよう、トラブルに際しても適切に対処が出来るよう、シングルマザーがより幸せに生きるために、より充実した生活が送れるよう、アドバイスをお伝えしています。

 

もうすぐシングルマザーになるけど…

シングルマザーが知っておくべきこと

シングルマザーが
知っておくべきこと

  • 離婚する前に準備をすべきことは?

  • 離婚方法・財産の確認で注意すべきことは…

  • 親権・養育費・慰謝料の取決めで確認すべきことは?

  • 離婚後の引越しや別居のトラブルで気を付けることは…
 

既にシングルマザーになったけど…

  • 住まいや面会交流で注意すべきことは?

  • 離婚後の仕事・就職で気を付けるべきこととは…

  • 公的扶助・お金の問題で知っておくべきこととは?

  • シングルマザーの再婚と恋活・シングルマザーの再婚と子供・生命保険で注意すべきこととは…

 

シングルマザーになって後悔する人、孤立する人、子供を理由に前進しない人がいます。シングルマザー歴が15年以上になる私が、離婚しようとしている女性、離婚したばかりの人に贈りたいアドバイスは、今ある悩みの解決と10年後の幸せを考えることです。

 

シングルマザーに最初に伝えたい3つのアドバイス

 

離婚前後には、多くの人がお金の問題に捉われがちですが、離婚前の人からの相談を受けるなかで、次の3つの問題でつまずいている人が多いことに気が付きました。


夫との接し方
 

離婚後、多くの人が復縁を考える傾向にありますが、それ故に元夫に対して過度な期待を持ち、傷つく女性もいます。このようなことを避けるためには次の2つを頭に入れておきましょう。

 
問題の先送りをしない
最初にお伝えしたい3つのこと

最初にお伝えしたい3つのこと

夫婦でいる間にひとつでも多くの問題を解決しましょう。離婚後に問題を残すと、その分、元夫への期待が大きくなります。

 
夫への執着をなくす

思い通りに動いてくれない夫への気持ちを断ち切らないと、離婚後も夫を精神的に束縛することになります。そもそも夫は妻の所有物ではありませんし、離婚をすれば他人です。


相談相手がいない
 

シングルマザーの悩みを共感できる人は、同じ立場であるシングルマザーです。離婚を回避しようと頑張っていた時期にはマイナスイメージを持ちがちですが、離婚後のために仲間を作るのをお勧めします。

 
SNSでシングルマザーのグループを探す

さまざまなイベントが開催されています。主催者の方に離婚前であることを伝えて、参加可能か尋ねてみましょう。

 
地元の寡婦会を利用する

地元の寡婦会では、近所に住むシングルマザーと親しくなる機会が数多くあります。


子供を都合よく利用している
シングルマザーのより良い暮らしのための情報です

シングルマザーのより良い
暮らしのための情報です

 

子供を利用して離婚を正当化するのは止めましょう。それを続けていると、子供にとっては辛い結果となりがちです。

 
子供のためと思わない

「子供のため」と思うことで、色々なことから逃げることができますが、果たして子供は喜ぶでしょうか。あたかも子供が原因かのうように「子供のため」という言葉を使わないようにしましょう。

 
10年後のメリットを考える

子供は成長します。目先のことだけを考えるのではなく、10年後の子供のために、何を選択すべきかを考えましょう。

 

当サイトでお伝えしていること

 

シングルマザーになることが決まっているならば、離婚後のより良い生活を目指さなくてはなりません。既にシングルマザーの方も、今よりももっと良い暮らしを目指しましょう。

 

法律事務所に勤務し数多くの離婚問題を担当し、これからシングルマザーになる女性、既にシングルマザーになった女性に接し、さまざまな問題解決をしているパラリーガルでシングルマザーである私が

私のシングルマザー経験からのアドバイスです

私のシングルマザー経験からの
アドバイスです

  • 知らなかったために損をすること

  • 手続をしなかったために不利になること

  • 利用すべき便利で有益な公的支援と民間サービス

  • トラブルの事前回避と予防・トラブルの際の適切で有利な処置

など、シングルマザーに知っておいて欲しい情報をお伝えします。

 

シングルマザーとして生きていく人への私からのアドバイス

 

これからシングルマザーになる人やなったばかりの人は、どのような未来を描いていますか?未来なんて描けない、幸せな未来が見えないという方は、シングルマザー歴の長い人から経験談を聞いてみてください。きっと何かが変わります。

 

シングルマザーが幸せな母子家庭を築くことは不可能ではない

 

当サイト管理人の私はいわゆる「デキ婚」でした。それに加えて学生結婚だったために、離婚時点において職歴も貯金も収入もありませんでした。

 

近年、男性でも子供の親権を取りたいと思う人が増えてきて、経済力のない女性は親権を取るべきではないという声も多く聞こえてきます。

 

子供を自分の手で育てたいと思う女性のなかにも「私が親権をとって果たして子供を幸せにすることができるのか」と深く悩んでいる方もいますが、離婚時点において経済力がなくても、それがずっと続くわけではありません。

 

例えば私も、離婚から18年が経過した今では仕事も収入も資格もあります。

 

私を支えた「損して得取れ」という精神
 
仕事で収入を確保

仕事で収入を確保

私の子供は、0歳のときから保育園に通い始めました。

 

当時の公立保育園の待機児童は37人だったと記憶していますが、短大を卒業して半年ほどが経過していた私にとっては、保育園が空くのを待つ時間が無駄でした。

 

子供が入園した無認可保育園は、0歳児の保育料が7万円と高額で、大学院でのアルバイト料の8割程度が保育料で消えてしまいましたが、子供が3歳のときにアルバイト経験を活かして企業に正社員として入社したことで、年収は450万円程度まで上がりました。

 

その職場は、途中で勤務体制が変更となり、3年ほどで退職しましたが、ある程度の貯金を作ることができたので、実家から引っ越したり、学資保険に加入したり、国債や株取引を始めたりしました。

 

学資保険は子供が大学に入学する際に役に立ちましたし、国債はその後失業した際の生活費となりました。株式は今も持ち続けていて、イザというときに役に立ってくれることでしょう。

 

まずは仕事に就くことから
 

シングルマザーさんのなかには、子供が病気になったときのことをイメージして働くことはできないと思い込んでいる方もいれば、保育園が決まらなくて就職できないと考えている方もいます。

 

悩みは尽きないかと思いますが、収入があれば預け先はなんとか確保できますし、採用後に勤務開始日を調整してもらうという方法もあります。

 

まずは、就職活動を始めてみることをお勧めします。

 

次第に慣れる「ひとり」という生活
 
幸せな母子家庭を築く

幸せな母子家庭を築く

 

離婚をして数年は、保育園の行事に参加したり、昼間に買い物に行ったりすることが苦痛でした。家族連れの方を見ると、心臓が縛り付けられたような気持ちになり、劣等感が増していきました。

 

ただ、家に居ても安心はできません。うっかりテレビを付けてしまい、結婚式のシーンやホームドラマが映ってしまえば、大混乱でした。

 

でも、いつの間にか、ひとりでいることに慣れ、ひとりであることをラクだと感じたり、「平和だな」と感じたりする日が増えていきました。

 

私は子供の教育方針も進路も私と子供の二人だけで決めてきましたが、もし私が離婚していなければ、夫からの反対を受け、子供は私立高校や遠方の私立大学には進学できなかったと思うのです。

 

とくに私の子供は学校での勉強に興味を持つことができず、ひたすらに得意なことを極めるタイプで、その実力は全国大会に出場して上位に入ることができるほどでした。

 

しかし世間一般では、学校での勉強の方が重要視されるため、小中学校の先生や家族、親戚から理解を得ることも困難で簡単な道のりではありませんでした。

 

私に夫や夫の家族、親戚がいればそれだけ戦わなければいけない相手が増えたと思うので、私は独り身で良かったと感じています。

 

幸せな母子家庭を
 
シングルマザーライフを楽しみましょう!

シングルマザーライフを
楽しみましょう!

今日まで色々なことがありました。

 

子供から「なぜ父親がいないのか?」と責められたこともあれば、長じた息子から「母と2人で暮らして良かった」と言われたこともあります。

 

しかし私は母子2人の安全で健全な暮らしのために、さまざまな公的な扶助と民間サービスを活用し、金銭面でも不自由のない母子家庭を築き上げたと自負をしています。

 

シングルマザーが幸せな母子家庭を築くことは決して不可能ではないことを、先ず覚えておいて頂きたいのです。

 

親も子供も日々変化していきます。

 

これからシングルマザーになる方、すでにシングルマザーになった方にも、その変化を楽しんでもらいたいと思います。

シングルマザーにお勧めのサービス


離婚調停成功マニュアル

離婚調停成功マニュアル

離婚調停を有利に終わらせたい、養育費、親権、慰謝料で満足の調停としたい方、また調停を有利に進める自信のない方にお勧めのマニュアルです。10年間で1万5千人以上に離婚問題にアドバイスをし、96.4%が満足した回答をする情報商材です。人生を大きく左右する重大な離婚調停に成功するための指南書です。



マイナビエージェント 女性の転職

マイナビエージェント 女性の転職

マイナビエージェント女性の転職では、専任の女性コンサルタントから個別に就職や転職の支援が受けられます。女性にしか分からない悩みの対応、就職先の仕事、待遇や雰囲気、人間関係を知ることが出来る人材紹介サービスです。就職や転職の成功、キャリアアップ支援を行っています。



マイナビスタッフ

マイナビスタッフ

マイナビスタッフは、正社員採用に比べて比較的仕事に就きやすい派遣・紹介予定派遣サービスです。常時2千件以上の豊富な求人数で幅広い職種の仕事紹介で安定した大手企業での派遣の仕事案件も多く、充実した福利厚生も特長で、全国の担当営業との個別相談も可能です。



保険GATEの保険見直し無料相談

保険GATEの保険見直し無料相談

家長になるシングルマザーは自分と子どものことを考え、万が一に備えて生命保険・損害保険の見直しをしましょう。保険の内容で無駄を省き必要な保障を付け、最も適切なプランに加入をするべきです。お勧めの保険無料相談はしつこい勧誘がなく、提案プランの契約義務もないサービスとなっています。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
離婚前の注意点 引越し先選び 別居の注意点 離婚後の注意点

学びネット powered by TrendLead